最近のピアノレッスンから:大人の生徒Mさん編

2014-02-11

先週のMさんのピアノレッスン。

レッスン曲は、《オルガン・ピアノの本》と《メトード・ローズ》から、進められるだけ。

大人の方は、レッスン初めは進むスピードがとっても速い!という特徴がありますね。
1回のレッスンで、20曲くらい合格していきます。

Mさんの場合も然り。

簡単に弾けちゃうということです、つまりは。

でもね、その中から、子どものピアノレッスンと違うことをしていかなければ、と思うわけです。

先週のレッスンでは、♭(フラット)が出てきました。
子どものレッスンだったら、初めてのフラットで音階のことまで説明することはまずないのですが、Mさんには、調の話までするレッスンでした。

そして、ソのポジションも出てきました。
やはり、ここでもト長調の音階を説明しました。

初めてピアノを習う生徒さんがレッスンで使う楽譜は、たとえ大人であっても幼児が使うものと一緒だったりします。
だからと言って、幼児と同じレッスン内容では物足りませんよね。

なので、比較的最初の段階から、拍や調など、音楽の知識の部分を教えていくように、いくらかレッスン内容を変えています。

つまり、同じピアノの教則本でもレッスン内容は生徒の年齢や理解力に応じて変えるということ。
逆に言えば、教則本の使い方は何通りだってあるということ。

生徒一人一人に適したオーダーメイドのピアノレッスンを心掛けています。

Mさん、次回からいよいよ両手奏に入ります。
レベルアップだ!!

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com