3~4歳児がピアノを弾く前にできること♪♪ソルフェージュ編♪♪

2014-04-13

以前、仙台市泉区界隈で生徒募集のチラシを配っていた時にお会いした、たくさんのお母様たちが抱かれていた疑問。

【3~4歳の小さな子どもはどんなことをするんですか?】

今日は、ソルフェージュをご紹介いたします。

ソルフェージュとは??
簡単に言うと、楽譜を読むことを中心とした基礎的な音楽学力のことを指します。

☆書くこと
☆聴くこと
☆読むこと
☆歌うこと
☆リズム

レーヴ・ジュール音楽院では、これらの分野に分けてレッスンを行っています。

【書く】
こんなテキストを使って、音符を書いてもらいます。

ピアノ絵本 音楽ドリル1
中身を一部ご紹介します。

ピアノ絵本 音楽ドリル2

ピアノ絵本 音楽ドリル3

五線紙の中で音符を書く練習をします。
ト音記号やヘ音記号の書き方もお勉強します。

【聴く】
つまり、聴音です。
ド・レ・ミを聴き、それを五線紙に音符にして書く訓練を行います。

【読む】
音符カードを使って、音の名前を覚えたり、音符を読んだり、和音のお勉強をします。

ピアノレッスングッズ 音符カード

フラッシュカードのようにして、パッパッと読めるようになるまで繰り返します。

【歌う】
視唱、つまり楽譜を見て階名で歌う訓練のことです。
こんな楽譜を使います。
子どものためのソルフェージュ 

大きな声で歌うことによって、自由に表現できるようになります。
そして、フレーズ(区切り)を見分けられるようになり、自然に呼吸法なども覚えるようになります。

【リズム】
当音楽院で人気のある《リズムのほん》というテキストを使って、拍子打ちをしています。
P1030551
音符や休符の種類と長さが身につきます。
拍感も身につきます。
何より、リズム感が鍛えられます。
テキスト以外には、リズムカードを使うこともあります。

ピアノレッスングッズ リズムカード

一方的に先生から教えられるというより、生徒さん自身がカードを手にして自由にリズムを作ります。
作ったリズムを拍子打ちして確認します。

ソルフェージュを効果的に行うことによって、絶対音感を身につけることが可能になります。
絶対音感は訓練次第でいくつになっても身につけられますが、幼児期の方が有利だと言われています。

これまでご紹介してきたように、レーヴ・ジュール音楽院では、未就学児のお子様に、ピアノを弾く前の準備として、そして、スムーズにピアノの鍵盤奏のレッスンには入れるように、音楽の基礎となる部分を楽しく丁寧に教えていきます。

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com