飽きずに長くピアノを続ける方法

2014-04-17

せっかく始めた習い事を、モノにならないうちにすぐに辞めてしまうなんてとても残念なことです。

今日は、「飽きずに長くピアノを続ける方法」について書きます。

ピアノの先生と仲良くなる、好きなピアノ曲をできるだけ多く持つ、ピアノを続けている友達との交流など、いろいろあるとは思いますが、やはり大事なのは、“目標を立てること”なのではないか、と思います。

皆さんだったらどうやって目標を立てますか?
あるいは、お子様に目標の立て方をどのように教えますか?

今すぐには実現不可能な長期的な目標(大きな目標)と、今日からでも達成可能な短期的な目標(小さな目標)を立てるといいと思います。

例えばこのような感じです。

【来年のピアノの発表会で、◯◯を弾く】という長期的な目標を一つ立てたとします。

この大きな目標を達成するために、
【基礎をしっかりやる】
【◯◯の曲を聴いて、自分のイメージを確立させる】
【毎日△分ピアノの練習を欠かさない】
【1日1小節を△回反復練習をする】
【1週間でここまでは譜読みを終わらせる】
みたいに、比較的すぐに実現可能な目標を複数立てます。

そして、その立てた短期的な目標を達成するためにしっかり取り組むのです。

そうすると、いつの間にか大きな目標に近づいている自分に気がつき、楽しくなってきます。

こういった達成感は、人を大きく前進させるものです。

そしてまた、新しい目標を立ててそれに向かって努力を重ねていくわけです。

その繰り返しで、弾ける曲の難易度もどんどん上がり、譜読みも速くなり、レパートリーも増え、好きなピアノ曲もたくさんになり、楽しみも増す、という良い循環が生まれていきます。

そのようにして、完成した曲をだれかほかの人に聴いてもらう事も、上達や喜びには欠かせない要素です。

新年度を迎えて、1年の目標や抱負を考えるには、とてもいい時期ですね。

生徒の皆さんには、自分に合った目標を考えてもらいたいものです。

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com