6月, 2014年

ピアノ教育のメリット

2014-06-30

全国的に異常気象が続いていますね。

幸い、ここ仙台ではそれほど大きな影響はないようです。
今日は、夏とは思えぬ涼しい気候です。

さて、今日はピアノ教育のメリット、つまり利点についてお話ししたいと思います。

子育ては大変な偉業ですよね。
私は独身で、子どもを持っていないので、保護者の皆様のご苦労に関しては・・・正直分かりません、ハイ・・(;´∀`)

でも考えてみますと、20年近くあるいはそれ以上、休むことなく衣食住を提供するだけでも大変なことだと思います。
さらに愛情をかけて子どもの心を育み、将来は自立していくために教育の機会も与えるわけですので、まさに偉業です。

18歳まで一人の子どもを育てるのに、最低2000万円はかかる、という統計もあるそうです。

ほぉ・・・スゴイ。

親の偉大さはもちろん、親に敬意を払って感謝を示すべき理由がよく分かります。

子どもが持って生まれた才能を最大限に発揮できるようになるためには、親は子どもが興味を持つものであれば何でも習わせて応援してあげることが大切です。

レーヴ・ジュール音楽院の生徒たちもピアノ以外に様々な習い事を掛け持ちしていますよ。
英会話教室、アトリエ、サッカー、チアリーディング、習字、水泳、学習塾や家庭教師などなど。

好きな事に熱中しているうちに、集中力が身につきます。加えて、根気強さ、継続力、努力する姿勢なども養われます。
熱中して何かに取り組んだ経験は、勉強や仕事に必ず活きます。

習い事もいろいろありますが、なかでもピアノは優れていると思います。
それは、私がピアノ教師だから、長年ピアノを習ってきたから・・・だからだと思いますが(笑)

以前読んだ書籍の中にこんな言葉がありました。

『天才は生まれつきのものではなく、自分で努力してつくりあげるものである。』

ピアノ教育はまさに、“努力する人間をつくりあげる”ことができるものです。と同時にそれはピアノ教育の大事な大事な目的の部分でもあります。

レーヴ・ジュール音楽院のこのホームページに、“ピアノが習い事に良い本当の理由”というページがあります。

ホンマでっかTVに出演されている脳科学者の澤口俊之先生は、両手で違う指の動きをすることや、先を読むこと、暗記をすることなどが自然に組み合わさっているピアノが、子どもの脳にとても良い働きをするとおっしゃっています。

子どもの学習意欲を高めたり、自己コントロール能力が身について、“キレにくい”子どもに育てるうえで、ピアノが一番良いと提唱しています。

いま一度、当音楽院のホームページをご覧になってみてください。

また、学習塾でも、受験勉強の時間を確保するためにお稽古事はすべてやめさせるところを、ピアノだけは続けたほうが良いと指導している学習塾もあるほどです。

音楽以外の分野であっても、ピアノを習うことの良さが認められているんですね。

Yちゃん(年長)頑張ってます!!

2014-06-23

昨日のYちゃん(年長)のピアノレッスンをご紹介いたします。

Yちゃんのレッスンメニューはこちら♪

☆リズム(総合問題)
☆ト音記号のド・レ・ミ・ファ・ソ
☆指のトレーニング
☆音符のフラッシュカード
☆《なかよしピアノ》より、“のりもの”
☆《なかよしピアノ》より、“たのしいよる”
☆mf(メゾフォルテ)とmp(メゾピアノ)
☆《なかよしピアノ》より、“かざぐるま”
☆視唱

昨日のレッスンで、Yちゃん、《リズムのほん5》が修了しました!!

6.22 ピアノレッスンy1

レーヴ・ジュール音楽院の子どもたちに大変人気のある《リズムのほん》。
これは、1~5まであるのですが、5冊全制覇したのはYちゃんが初!!

ピアノを習い始めて9ヶ月で《リズムのほん》全課程を終えました(*^▽^*)

♪4分音符・4分休符
♪2分音符・2分休符
♪8分音符・8分休符
♪付点2分音符
♪全音符・全休符
♪付点4分音符
♪16分音符
♪3連符

☆4分の4拍子
☆4分の3拍子
☆4分の2拍子
☆8分の6拍子
☆8分の3拍子

5冊でこれだけの音符・休符・拍子を勉強していきます。
リズム感、拍感をスムーズに身につけられる教材です。

ピアノの鍵盤奏で使っている教則本ではまだ出てこない知識も、《リズムのほん》で先取りしてしてしまう形になるので、生徒たちはピアノを弾くのも上達が早い気がします。

当ピアノ教室の生徒たちの中には、Yちゃんの進むスピードが気になる生徒もいて、

『Yちゃん、どこまでいった?追いつけるかな~。』
『《リズムのほん》もう終わった子いるの?』

などなど、みんな目指すはYちゃんになっています(笑)

取り掛かった時期も違えば、年齢も様々なので、“誰が早い”とかではないんですけど、生徒たちは同じ教室の仲間の頑張っている姿に刺激され、時には奮起することもあるようです。

私としては、そういった子どもの競争意識をうまく突いてやりながら、皆をレベルアップさせていきたいな、と思っています(*´▽`*)

《リズムのほん》が終わると、その後はピアノの鍵盤奏のレッスンが重点的になります。

6.22 ピアノレッスンy2

今度は楽譜を読む力、つまり読譜力を磨いていくことになりますね。

音符のフラッシュカードでスラスラ読めるようになってもらわないとね!

その他には、視唱なども多く取り入れていけるかな。

Yちゃん、ますますレベルアップしていこう!!

レーヴ・ジュール音楽院のレッスン室ってどんなところ??

2014-06-20

今週のKちゃん(小2)のレッスンをご紹介いたします。

Kちゃんの主なレッスンメニューはこちら♪

☆リズム(16分音符)
☆ハノン:2番
☆《ピアノスタディ》より、“ちらちらこなゆき”
☆《メトードローズ》より、“さあ、はじめます”
☆視唱

Kちゃんは、只今、《リズムのほん3》をお勉強しています。

ピアノ教室 教則本

先日のレッスンでは、Kちゃんにしては珍しく、弱気な発言&態度が見られました。

難しいんだよね、リズム打ち。
うん、難しいと思うよ、ホント。

Kちゃんをはじめ、私の生徒たち、みんなすごいことをやってのける(*´▽`*)

幼稚園児や、レッスンを始めて間もない生徒たちも、《リズムのほん》はどんどん進んでいくから、Kちゃん、少し焦ったかな。

就学前の小さな生徒たちにしろ、小学生たちにしろ、いろんなリズム譜を、いとも簡単にクリアしていきます。

ピアノ教室 リズム練習

言うまでもなく、その陰には、本人たちの相当な努力があるということを私は知っています。

簡単ではない。
みんな努力している。

だってね、お父さんやお母さんのほうが、リズム打ちできなかったりするんだもの(;’∀’)笑

今週のKちゃんは、リズムで少しだけ苦戦していましたが、持ち前の負けん気の強さと集中力で、上手にできるようになって自信をつけて帰っていきました。

よかった、よかった(*´▽`*)

生徒の“できない”を、“できた!”に変える所。
生徒の“分からない”を、“分かった!”に変える所。

それが、レーヴ・ジュール音楽院のピアノレッスン室♪

でも、そう変えるのに一番大事なのは、生徒自身の努力。
先生がいくら熱心に教えても、本人の努力なしでは限界があるのが現実。

レーヴ・ジュール音楽院の生徒たちには、そのことをしっかり思いに留めてほしい。

だから日頃から、反復だの努力だの、口酸っぱくいっているんです、私。

そういう私のレッスンを受けていると、生徒たちは自然と努力することが習慣になっていくみたいです。

努力するって、決して簡単なことではない。
むしろ、苦しいことですよね。

でもそれが、自然に身につくっていいな~って思うんです。

年齢相応どころか、それ以上の努力を積み重ねている私の生徒たち。

どんどん私の要求もレベルアップしていくから、大変だと思います。

でも、みんな笑顔で楽しそうで・・・♪
そして上手になるんです。

やっていることは難易度が高く、そう簡単にできることではないのに、

“いとも簡単にできました!”っていうのが良いですよね(笑)

それって一番理想的なことですよね。
厳しい練習によってでしか上達することを感じられないピアノという習い事においては特に・・。

修練を重ねて努力している子だけが、この感覚でいられます。

努力のできない子は、苦しんで苦しんで苦しみます。
そこに楽しさや喜びなんて見い出せません。

だから、生徒たちには努力のできる子になってほしいと思います。
それが、楽しむ近道だから。

≪音楽(おんがく)≫が≪音が苦(おんがく)≫になってはいけないのです。

なんだか、今週のKちゃんのピアノレッスンから、そんなことを感じた由佳先生でした。

Kちゃん、1週間、練習頑張ってごらん!
そしたら、来週のレッスン、また由佳先生のレッスン室で過ごす時間が楽しいはずだから!

頑張れ~、Kちゃん(≧▽≦)

鍵盤奏のレッスンは、順調そのものでした。

6.19 ピアノレッスン K

Kちゃん、スタッカート、上手すぎる!!
指がしっかりしている証拠です。

ハノンの効果がものすごく感じられているこの頃。
Kちゃん自身も感じられているかな。

また来週、楽しみに待ってます(*^▽^*)

レーヴ・ジュール音楽院が時刻表に掲載されました

2014-06-12

仙台市の今日の天気は、一日雨模様・・。

ここ、泉区北中山でも、本格的なザーザー降りです。

最近は、雨ばかりでイヤですね。

比較的、体も心も日頃から元気な私でも、雨ばかり続くと、身体は重く、気持ちも少々下降気味になったりします。

そんな中、先日こんなうれしいことがありました!

東北・山形・秋田新幹線、仙台空港アクセス線、仙台市泉区地下鉄の時刻表に、我がピアノ教室が掲載されました(*^▽^*)

ピアノ教室紹介 仙台地下鉄・東北新幹線時刻表

レーヴ・ジュール音楽院というピアノ教室の存在を多くの人に知っていただきたいと思い、この度、ちょっとした“投資”をしてみました。

このチラシは、今月末、河北新報と一緒に、泉区界隈にお住いの皆様のお手元に届くそうです。

泉中央、八乙女、泉パークタウン、将監・・などなど。

残念ながら、北中山付近には配布されないそうですが・・・(T_T)

この時刻表がきっかけで、新しい出会いがあったりするとうれしいですね。

今から楽しみにしています。

本日のレッスンより、現在当音楽院に通ってくださっている生徒たち、そして保護者の皆様には、この時刻表を私から差し上げますね。

ぜひ、冷蔵庫にでも貼っていただき、お父様たちの出勤・出張などにお役立てくださればと思います(笑)

引き続き、レーヴ・ジュール音楽院を、どうぞよろしくお願いいたします。

心に響くピアノ指導

2014-06-10

昨日、仙台市青葉区一番町にあるヤマハミュージック仙台店6階ホールで行われたPTC(ピアノ・ティーチャーズ・サークル)公開セミナーに参加してきました。

ピアノ指導法セミナー 

雨の中でしたが、かなり大勢のピアノの先生たちが集まっておりました。
顔なじみの先生もいたり、初めてご挨拶させていただいた先生もいたり・・

セミナーのテーマは、

【心に響くピアノ指導シリーズNo2~インベンションの素晴らしさを自信を持って生徒に伝えるために】というもの。

講師は、手塚真人先生。

実は、去年も手塚先生のセミナーに参加して、バッハを演奏するときの注意点をインベンションを使って勉強させていただきましたが、昨日はその続きの部分でした。

ほとんどのピアノ学習者が経験するバッハのインベンション。

昨日は、全15曲あるインベンションのうち、5曲を取り上げて、その解釈、装飾法などを具体的に分かりやすく教えていただきました。

主な内容は、

☆完全終止を見つける
☆スラー
☆ゼクエンツ
☆トリル
☆タイ
☆ストレッタ

タイやスラー、そしてトリルは、表現技法としてあらゆる時代のあらゆる作曲家が用いていますが、バッハの音楽に使われているスラー、タイ、トリルには、とっても深い意味があるということも教えていただきました。

“目からうろこ”のセミナーでした。

レッスンに役立てていきたいですし、もちろん自分の演奏にも学んだことを取り入れながら、音楽を作っていきたいと思います。

昨日のセミナーで、とても印象に残った言葉があります。

『バッハは、“目で”楽しむ音楽でもある。』

普通、音楽は耳や心で楽しむもの、というイメージがありますよね。
もちろんバッハの音楽も、耳や心で楽しむことはできるけれど、目でも楽しめる作曲家はバッハしかいない、と。

確かに昨日は、2時間ずーっと楽譜とにらめっこしながら、音符の並びや音程から、バッハの音楽をひも解いていく作業をしました。

深い・・
深いよ・・
深すぎるよ、バッハ。そして、手塚先生・・(笑)

とっても楽しかったです♪

今日は午前中、2時間みっちりひたすらインベンションの練習に充てました。

バッハ ピアノ練習

楽譜に書き込みながら曲を創りあげていく作業。
楽譜と向き合って考える時間。

たまらなく好きです!!

« Older Entries
Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com