最近のKちゃん(小2)の頑張り♪

2014-08-30

今日は、Kちゃん(小2)のピアノレッスンをご紹介いたします。

Kちゃんは、5歳の時からレーヴ・ジュール音楽院に通ってくれています。
幼稚園児の時の彼女は、合格シール欲しさに泣いたり、すねたり・・(笑)

3年経って、クールな大人っぽい彼女に成長しました(^_^)v

最近は、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)のピアノステップに向けたレッスンをしていますが、ある程度曲が仕上がってきたので、先週のレッスンでは、11月に行われる我がピアノ教室のコンサートの曲を決めました。

Kちゃんのために私は、シューマン、平吉毅州、バスティン、サラジャン、ジブリ、ディズニー等、たくさんの曲を準備して待っていました。

絞った候補を全部聴く前に、Kちゃんの心を捉えた2曲があったようで・・・♪

それは、

☆サラジャン:かなしいうた
☆バスティン:冬のソナチネ 第1楽章

特にバスティンは、“なんか、男の子が出てきて踊っているみたい!”と、早くもKちゃん自身のイメージが浮かんでいて気に入ったようでした。
サラジャンの“かなしいうた”は、歌う心のあるKちゃんだったら、きっと上手に表現してくれるだろうと思って、候補に入れた曲です。

なんだか2曲とも哀愁漂うというか、ムードがあるというか、雰囲気のある曲というか・・
Kちゃん、こういうの好きなんだね~(≧▽≦)
ジブリやディズニーにすぐに飛びつかないところが、Kちゃんらしいというか、大人っぽいというか(笑)

レーヴ・ジュール音楽院のピアノコンサートは11月29日。
晩秋の時期のピアノコンサートにはぴったりの曲です。

そして今週のピアノレッスン♪♪
今週は、ピティナ・ピアノステップに向けて曲の完成度を高めるレッスンを行いました。

☆メトードローズより:飛べ!小さな蜜蜂よ!
☆ギロック:おもちゃのダンス

暗譜が少し不安だったので、1日10回ノーミス練習を課しました。

練習方法は、以前Yちゃん(年長)が工夫してやっていたのをお手本にするようにと、この写真を見せて伝えました。

P1030636

と言っても、Kちゃんの場合は、少し長い曲なので、初めから終わりまでノーミスで弾くのは現段階ではまだキツイ感じ。

なので、1段ずつ確実に10回ノーミスで弾くように伝えました。

ショパン バラード ピアノ練習法

“10回のカウント方法は、Yちゃんみたいにシールを貼ってもいいし、先生みたいに“正”っていう字を書いてもいいよ。”と言うと、

“シールは買わなきゃいけないからお金がかかる。“正”を書くほうがいい。”と、Kちゃん(;^ω^)
またまた大人びたことを・・(笑)

来月に控えたステップに向けてのレッスンはこれくらいにして、その後残った時間でコンサートに向けての準備に取りかかりました。

先週決めた2曲のうちのどちらかを、一緒に譜読みしようかな~、なんて思っていた私。

なんとびっくり!!Σ(・ω・ノ)ノ!

Kちゃん、サラジャンの“かなしいうた”を両手で全部弾いて聴かせてくれましたよ。

8.28 ピアノレッスンK

表現についても、もちろんですが私からのヒントやアプローチは全くなく、自分で感じて自分で考えて音楽を作ってきたKちゃんには、由佳先生感動しました。

たった1週間でこの完成度だったら、本番までにもっともっと素晴らしい仕上がりになること間違いないね♪♪

手の形も素晴らしくキレイで、今後のKちゃんが楽しみです(≧▽≦)

お母様もとっても協力的でいらして、コンサートの曲を決めた先週のレッスン後、
『挫折のないように頑張らせます。』とメールをくださいました。

お母様のサポートにも感謝です。

来月のピティナ・ピアノステップ、そして11月のレーヴ・ジュール音楽院ピアノコンサートと、ステージが立て続けにありますが、いい準備をして、それぞれステキなステージ経験になるようにしっかり励んでいきたいですね。

Kちゃん、由佳先生と一緒に頑張ろうね(*´▽`*)

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com