挑戦する気持ちを応援したい♪

2015-05-02

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

我がピアノ教室は、人前で演奏する機会を大切にしています。
教室のピアノコンサート、レッスン室で開かれる弾き合い会、そして、数ヶ月に1度の割合で開催されるピティナ・ピアノステップへの参加等。

ちなみに、レーヴ・ジュール音楽院のピアノコンサートへの参加は必須。
その他は、自由参加です。

最近は、7月に開催されるピティナ・ピアノステップ仙台7月地区に参加表明する生徒たちが続々と♪
その中の2人を今日はご紹介いたします。

★茉緒ちゃん(年長)
★眞子ちゃん(小1)

茉緒ちゃんは、先日のレッスンで《リズムのほん1》が修了しました。

リズムのほん1修了

今日のレッスンから、《リズムのほん2》に入って、さらにレベルアップ!!

ピアノの鍵盤奏では、ト音記号のレの音が出てきたばかり。
2音のスラー・レガート奏法ができるようになりました。

ピアノ歴は2ヶ月ちょっとですが、7月のステップに出ると意気込んでいます。
やる気満々です。

今日のレッスンの時に、課題曲と自由曲を決めました。
『長い曲がいい~♪』と、意欲満々。
16小節もある長い曲を選択しました。

ドとレしか習っていない彼女が、2曲を完成させるのは至難の業!?
いやいや、由佳先生の手にかかれば、ちょちょいのちょいですよ(笑)

お母様からこんなメールが来ました。

【ステージに立つ茉緒を想像するだけで不安です(苦笑)】

あはは(*´▽`*)
大丈夫!!
私が責任をもってサポートします。
絶対に弾けるようになりますよ(*^▽^*)
7月、自信を持ってステージに立てるようにレッスンしていきます。

そしてもう一人、眞子ちゃんは、ここ数週間、ステップ参加に気持ちが揺れていました。

『出ます!』と言ったかと思えば、
『やっぱりやめとく・・。』と言ってみたり。

すると、先日のレッスンで、
『ステップ出ます。でも初めてで1人で弾くのに自信がないから、簡単な曲でお願いします。』と、自分の言葉で決意表明。

実は数日前、お母様とメールでこんなやり取りがありました。
抜粋してご紹介します。

【ピティナの参加について眞子と話し合いました。昨年の発表会で失敗したことと、大勢の前でピアノを弾くのに緊張することが嫌な理由だとのこと。このままずっと出来ないままで良いのか考え、やはり参加してみるという気持ちになりました。ただ、失敗を恐れる気持ちが強く、今回は1人弾きデビューのため、簡単な曲でエントリーして、まずは、1人で舞台に立つことと、失敗しないで弾けることを目標に頑張らせて頂けないかと思っています。自分で先生にお話すると言っておりますので、応援して頂けると助かります。】

お母様からのこのメールにこう返信しました。

【指もしっかりしているし、実力もあるので、それに見合った曲を・・と私も思っていましたが、まずは負担のない曲で頑張ってみましょうね。お母さんのおっしゃる通り、今回は1人でステージに立つこととミスなく弾けることを目標に取り組みましょう。自信をつけることが先決ですね。】

眞子ちゃんを見守るお母様と一緒に、私も眞子ちゃんを応援していきたいと思っています。

きっと、良い経験になる!
大きく成長できる!

大勢の前でピアノを弾くことが好きな生徒もいれば、それをためらう生徒もいます。
初めてのことでもチャレンジ精神旺盛な子もいれば、不安を感じる子もいます。

どんな生徒にも、その子の気持ちに寄り添い成長を見守っていける、そんなピアノ教師でありたいですね。

由佳先生は、生徒たちの挑戦する気持ちをいつも応援しているよ(^O^)/

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com