ピティナ・ピアノステップが楽しみになってきた♪

2014-05-11

本日、Yちゃん(年長)のピアノレッスン♪

Yちゃんのレッスンメニューはこちら♪

★リズム(8分の6拍子)
★ステージマナー
★アメリカ民謡:ドナルドおじさん
★ボヘミア民謡:ぶんぶんぶん
★指のトレーニング
★《なかよしピアノ》より、“つなひきぞうさん”
★視唱

Yちゃんも、今月18日に行われるピティナ・ピアノステップに参加します。
人前でピアノを弾くことが大好きな女の子です。

ピアノステップをちょうど1週間後に控え、Yちゃんの曲の仕上がりはというと・・・?

えっとね、カンペキです!カンペキ!!

今日は、涙が出そうになるくらい感動した由佳先生です。

先週のピアノのレッスンで、課題曲と自由曲をそれぞれノーミスで1日10回ずつ弾くことをYちゃんに課しました。

その練習を忠実に守ってきたYちゃん♪

5.11 ピアノレッスンy 2

日付を書いて、その横に課題曲と自由曲を色分けしてシールを貼りながら練習したそうです。
誇らしげにシールを見せてくれたYちゃん♪
ホント、よく頑張りました!!

先週に増して指がしっかりして良い音で弾けているし、クレッシェンドやリタルダンドの表現なんか、スバラシイの一言です!

『不安なところは?どこかあるかな?』と聞くと、
『な~い!!』と、頼もしい返事が返ってきたので、今日は、通常使っている教則本、《なかよしピアノ》に戻ってレッスンをしました。

5.11 ピアノレッスンy1

ですが、ここで安心させないために由佳先生はもう一言添えて、Yちゃんを見送りました。

『これで安心しちゃダメよ。あともう1週間、同じような練習をしないと、戻るよ!』と。

ステージに立って人前でピアノを弾くのは、とても緊張することです。

緊張した中で、100%の力を出せることは、悲しいけれど、まずない・・と思ったほうがいい(;^ω^)
せいぜい70%か、出せて80%くらい・・

それでも100%出したいなら、普段のピアノの練習で120%も130%もやらないとダメ。

練習以上のことが人前でできることなんてない!
逆に言うと、練習でできないことは、ステージでは絶対にできない。

だからこそ、最後の最後まで、曲に向き合うことを教えたい。

ピアノステップ本番までに、あともう1回レッスンが残っています。

今日のレッスンで十分自信をつけてあげられたとは思いますが、さらにさらに、自信をつけさせてステージに送り出してあげたいですね。

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com