挨拶と礼儀作法

2015-09-23

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

シルバーウィーク、いかがお過ごしでしたか?
仙台はお天気にも恵まれ、爽やかな過ごしやすい日が続きました。

泉区界隈では、稲刈りに忙しく働かれている農家の方々をたくさん目にしましたよ。
2週間前の大雨の影響が心配されましたが、大丈夫だったのかな~。

連休の最終日の今日、私は、泉ヶ岳キャンプ場に出かけてきました。

仙台市泉区 泉ヶ岳1

我が家から車で30分ほど行くと、もうそこは山。

仙台市泉区 泉ヶ岳3

友人たちとわいわいがやがやと芋煮&バーベキュー~からの~UNO大会!!笑
普段はめったに飲まないお酒もちょっとだけ♪♪

仙台市泉区 泉ヶ岳2

夏真っ盛りの時にはしなかった日焼けを、今日一日で経験しました(;´∀`)
両腕がヒリヒリです(>_<)
あ~あ・・・やっちった・・・。
どうか、肌荒れ&シミになりませんように・・・m(__)m

さて、今日は最近入会したH君(小1)のレッスンをご紹介します(*^▽^*)

8月にうちのピアノ教室に入会し、もうすぐ2ヶ月が経ちます。

いつも感心するのは、H君のご挨拶。

『こんにちは。』
これはほとんどの生徒が言ってくれます。

『よろしくお願いします。』
これも、よく聞く言葉です。

しかしH君は、私の目を見て、大きな声でハキハキと、
『今日も、よろしくお願いします。』と言うんです。

“今日も”。

なんだか、すごく新鮮に感じる自分がいます。

今週のレッスンは、2~3分だったと思うんですが、少し遅刻をしてやってきた彼。

すると、
『遅くなってごめんなさい。』

レッスン室に入って来て、真っ先に出てきた言葉がこれでした。

『いいえ~、大丈夫だよ(^^♪道路混んでた??』と、聞くと、
『いや・・・テレビ見すぎちゃった・・』と。笑

H君の正直さ、素直さが、なんとも私を爽やかにさせるのよね!(^^)!

ピアノの先生の中には、いろんな先生がいて、

“靴はそろえて脱ぎましょう。”
“挨拶はこうしましょう、ああしましょう。”
“上着はたたんで置きましょう。”
“上着は廊下で脱ぎましょう。”
“レッスンかばんはどこそこに立てかけて置きましょう。”
“返事は必ずしましょう。”

とか、月ごとの目標みたいに、レッスン室の壁に貼り紙をしているピアノ教室もあります。

確かに、人としての基本で、こういったことを身につけることは大事なことです。

でもね、私はピアノ教師であって、マナー教室の講師ではないので、こういったことは・・・
う~ん・・・言葉は悪いけれど、はっきり言ってどうでもいいの!笑

規則としてやるものでもないし。
ピアノ教師が教えることでもないと思うから。
親のしつけの部分でしょう。
私の仕事ではない。

そもそも、挨拶や作法といったものは、本人が相手の身になって考えた結果表れるべきもの。
規則で動くと、何の感情も伴わないロボットみたいになることさえある。

心のこもっていない挨拶なんか、相手に伝わらないし、うれしくもないしね。

逆に、小さな子どもたちであれば、レッスン前に嫌なことがあったり、ママに怒られたり、兄弟と喧嘩したり、眠かったりして、不機嫌なままレッスンに来ることだってあるでしょう。

上手く感情のコントロールができない時は、いくらだってあります。
だって子どもだから。

そんな時に、
『今月の目標は挨拶だよ?あれ?お返事は??』
なんて、強制されたりしても・・・ね??(-_-;)

家や学校で嫌なことに追いつめられ、ピアノのレッスンに行ったらそこでも先生から追いつめられたら、かわいそうですよね(>_<)

だから私は、生徒が仮にそうでも全然構いません(*´▽`*)
その時の自分の感情に正直でいてくれるほうが、子どもらしくてほっとします(笑)

ママたちからしてみれば、あり得ないことなのかもしれませんが・・
そういう態度を叱るんでしょうけれど・・

うん、だからそれでいいと思います。

私は、生徒たちがどんな状況であっても、それを受け入れる。
その中で、親として許せないと思うことがあるのなら、親が子どもに言って聞かせれば。
ピアノ教師という自分の仕事と親のしつけの部分の境界線を、しっかりと持っていたいと思っています。

でもね、ピアノのみならず音楽って、心の中にあるものが音として表れてくるものだから、心がキレイでないと人の心を感動させるようなキレイな音色は出せません。

なので、基本の挨拶や礼儀作法を教えるピアノの先生たちがいらっしゃるのかもしれませんね。

“ピアノの先生”と一口に言っても、いろいろな先生がいて、いろいろなお考えを持たれているので、どれが良くてどれが変で・・・なんていうことはありませんよ。

だけど、今の私の考え方は、こういうことなんです。

なんだか、H君の爽やかな挨拶のエピソードが、こんな大きな話に広がってしまいました(笑)

H君、《リズムのほん1》が修了です♪♪

9.20 ピアノレッスン1

鍵盤奏も順調に進んでおり、11月のレーヴ・ジュールピアノコンサートの曲をもう1曲増やそうかどうしようか思案中。

9.20 ピアノレッスン2

H君の今後の成長が楽しみでならない由佳先生です(^O^)

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com