由佳先生のブログ

第1回レーヴ・ジュール音楽院ピアノコンサートが終わりました。

2015-11-15

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

昨日は、記念すべき第1回レーヴ・ジュール音楽院ピアノコンサートでした。

11.14仙台市泉区のピアノ教室のブログ1

11.14仙台市泉区のピアノ教室のブログ3

生徒たちの頑張りと、保護者&スタッフたちの支えにより、無事に終えることができました(^_-)-☆

コンサート会場となったのは、仙台市の中心部にあるルフランというオシャレなカフェ。

11.14仙台市泉区のピアノ教室のブログ8

2年ほど前になるのかな、ピアノ指導法セミナーでこのカフェの存在を知ってからというもの、いつかはここで自分のピアノ教室のコンサートを開きたいと思っていました。

昨日、それが実現して本当にうれしかったです。

何せ、初めての発表会ということで、カフェのマネージャーさんには、何度も打ち合わせに付き合っていただき、いろんな案をいただき、本当にお世話になりました。

生徒たちのピアノ演奏を聴いた後には、みんなでティータイム♪♪

11.14仙台市泉区のピアノ教室のブログ7

正直なところ、私はいっぱいいっぱいで、スウィーツの味を楽しむ余裕はなく、ただ美味しかったという記憶だけ・・(^^;)笑

今週1週間は、すべてのレッスンがお休みです。
生徒たちのというより、由佳先生のお疲れ休み(;´∀`)

来週はお休みだからね~と生徒たちに伝えると、中には、残念そうにがっかりする子もいたりしました。

若くてパワーが有り余っている生徒たちはへっちゃらなんだろうけど、30過ぎの由佳先生はさすがに無理なのよぉ(>_<) この1週間はのんびり過ごしながら、生徒たち一人一人の演奏を振り返っていこうと思います。 でも、舞台袖で、生徒たちのピアノを聴いているようで聴けていない・・ というのが、正直なところなのです・・。 先生って、こうなんだなぁ・・。 あんなに口うるさくレッスンしたのに、その生徒たち一人一人の演奏をじっくりと聴いてあげられないくらい当日は余裕がなくなってしまうものなんだな・・と、先生として初めての感覚を味わっています。 師匠と合同でやっていた去年までと、まるで違う・・。 先生としての文字通りの仕事も、精神的な面でも、師匠に頼っていた部分が大きかったんだなぁと実感。 でも、これもまた経験です!! 今回のピアノコンサートのために半年近く準備してきた中で、先生として学んだことや気づいたことがたくさんあります。 今後は、そういったことも糧として、私自身成長していきたいと思います。 スタンドフラワー、少し大人っぽかった(*^▽^*) 11.14 仙台市泉区のピアノ教室のブログ6

お花と言えば・・・
私への花束のプレゼントもありがとうございました。
保護者の皆さんや友人たちに感謝です!(^^)!

11.14 仙台市泉区のピアノ教室のブログ9

第1回レーヴ・ジュール音楽院ピアノコンサートは大成功!!!!!!

11.14仙台市泉区のピアノ教室のブログ5

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

プログラムの大トリは生徒たちによる合唱♪

2015-11-13

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

いよいよ明日が、レーヴ・ジュール音楽院ピアノコンサート!!
生徒たちのすべてのレッスンが終わりました。
あとは明日の本番まで、皆が練習に打ち込んでくれることを信じています。

6月にコンサート会場が決まり、ずっと今日までいろんな準備をしてきました。
ようやく明日で終わる~(T_T)
明日のためにやってきたことが報われますように・・・♡♡

さて、今日は、合唱練習の様子をお伝えしたいと思います。

明日のコンサートの一番最後に、生徒たちみんなで合唱を予定しています。

7月のピティナ・ピアノステップで、“BELIEVE”を演奏したYちゃん(小1)。
有名な合唱曲をせっかく完成させたのだから、Yちゃんのピアノ伴奏でみんなで歌う機会があってもいいなぁ、と思い、Yちゃんにお願いしたところ、快く引き受けてくれました(*^▽^*)
それで、今回のコンサートに入れることを決定!!

10月になってから、計4回、全体練習を行ない、準備を進めてきました。

第1回合同練習は、10月3日(土)でした。

生徒たちの身長を考慮しつつ、立ち位置を決定。

仙台市泉区のピアノ教室のブログ合唱

私とのレッスンでは、小さな声で歌っていて、
『声、小さ~い!もっと元気よく~!』なんて言われていた生徒たちも、みんなと一緒だと大きな声で歌えていて、ホッとしました。
歌い続けた生徒たちに、
『はい、ちょっと休憩しようか。座っていいよ~。』と言うと、
みんな口々に、
『はぁ~、疲れた~(>_<)』と。笑 第1回 合唱練習 仙台市泉区のピアノ教室のブログ

みんなが休憩中も、ピアノ伴奏のYちゃんだけは、ママの厳しい指導のもと練習を続けていました。
1時間の練習中、ほぼ弾きっぱなし・・・(;´∀`)
Yちゃんの集中力がすごかったです。

第2回合同練習は、10月17日(土)でした。

1回目の練習の時よりは、歌詞が安定して、みんなよく歌えていました。

第2回 合唱練習 仙台市泉区のピアノ教室のブログ

『歌が上手だとかいうよりも、元気よく大きな声で歌っているほうが先生は好き。たぶん、聴きに来てくれるパパママ、おじいちゃんおばあちゃんたちもそう感じると思うなぁ。』と話すと、その言葉にすぐに応えてくれる生徒たちがとっても愛おしい(^^♪

『この長さの曲を全力で2番まで歌ったくらいじゃ、酸欠になんかならないから、しっかり声出して~!!声出てない子、口開いてない子、名前呼ぶよ~!!』と、少々スパルタ指導も(笑)

上手に弾けたとか、上手に歌えたということよりも、練習を頑張ることのほうが何倍も大切!
しっかり準備することのほうが大事だと思っているので、生徒たちには、少々きつい練習もさせます。

練習後、リンゴに群がる生徒たち(*^▽^*)

第2回 合唱練習2 仙台市泉区のピアノ教室のブログ

頑張った後に、みんなで一緒に食べるリンゴは格別です(笑)

第3回合同練習は、10月31日(土)でした。

3回目ともなると、生徒同士も打ち解け、まぁ、賑やか賑やか♪♪

歌ももちろん練習しましたが、せっかく複数で集まったんだから、弾き合い会をしようということで、2回目の練習の時から、ソロや連弾も、みんなの前で披露させていました。

『誰から弾く??』という私の問いかけに、前回は、

シーン・・・でしたが、

この日は、

『私から弾きたい!』
『え~、私がやりたい!!』
『やだ、私が弾く!!』
『私、私、私!!』

と、順番争奪戦が勃発(笑)

前回と、すごい差・・。
なんなんだ、この現象は・・(;´∀`)

練習の休憩中にも、

『先生、ピアノ弾いてもいい?』と、誰かが聞いてきたかと思いきや、みんなでピアノの周りに群がり、一斉に思い思いの曲を鳴らす始末(^^;)

仙台市泉区のピアノ教室のブログ ピアノ争奪戦1

『◯◯ちゃん、代わって~!』
『次、私!』
『早く~!!』

今度は、ピアノ争奪戦勃発(笑)

仙台市泉区のピアノ教室のブログ ピアノ争奪戦2

何はともあれ、生徒たちがピアノを弾くことを楽しんでいる姿を見れるのは、教師としてとってもうれしいことです。
嫌々弾いていたり、弾かされていたりするより、少々賑やかでわんぱくでも、生徒たちの楽しそうな笑顔を見ているほうがいいです(笑)

第3回 合唱練習 仙台市泉区のピアノ教室のブログ

この日も、シメはリンゴ。笑
あ、カキもあったね!!
秋の味覚でシメました。笑

そして、第4回合同練習は、11月7日(土)。

第4回 合唱練習 仙台市泉区のピアノ教室のブログ

生徒たちの頑張る姿が、微笑ましい(*´▽`*)
と、言いつつ、
『声出せ~、声出せ~!』と口うるさい由佳先生でした。

練習の後半には、弾き合い会も実施。

上手く弾ける子もいれば、力を発揮できなかった子も・・”(-“”-)”
様々です。

それでも、今週のラストのレッスンでは、皆が口々に、
『コンサート楽しみ!』
『自信ある!』
『不安なところはない!』
と言ってくれたので、私も安心です。

練習後には、ジュース&おやつタイム♪♪

合唱練習ももちろんですが、夏ごろから曲の練習を頑張ってきた生徒たちに、私からのささやかなお楽しみプレゼントを準備しました!(^^)!

お菓子のつかみ取り~!!

仙台市泉区のピアノ教室のブログ つかみ取り1

生徒たちも盛り上がったけれど、私がこういうのやってみたかったのよね、実は(笑)
テンション上がるよね、お菓子って(笑)

仙台市泉区のピアノ教室のブログ つかみ取り2

合同練習最終日に来れなかった生徒たちについては、ラストレッスンの時に、きちんとつかみ取りしてもらいましたよ!

仙台市泉区のピアノ教室のブログ つかみ取り3

仙台市泉区のピアノ教室のブログ つかみ取り4

みんな平等にやりましたので、大丈夫です(笑)

本番は明日!
本番ギリギリまで、どれだけ集中して練習できるかによって、結果が変わってくると思います。

みんなの笑顔を見るために。
由佳先生が笑顔になるために。
みんなで一緒に笑顔で終えられるように。

それぞれがするべきことに集中して、明日を迎えましょう(^^)/

みんな、輝け!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ステキな笑顔でね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

ピアノの美しい響きと表現のためのペダリング

2015-11-11

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

ピアノ指導法セミナー ベルエア仙台

一昨日のことになりますが、ピアノの指導法セミナーに行ってきました。
第5回PTC(ピアノ・ティーチャーズ・サークル)公開講座でした。
いつもは、ヤマハ仙台店6階のホールで行われるのですが、耐震工事のため使えず、すぐ近くのホテルベルエア仙台というところで勉強してきました。
地下にミュージックホールがあるホテルなんですね。

セミナーテーマは、

【ペダリング ピアノの美しい響きと表現のために】

講師は、堀江真理子先生。

ピアノの演奏の中でなくてはならないのがペダリング。
ペダルの使い方一つで良くも悪くもなるピアノの曲。
どう踏めばよいのか、どう踏むべきなのか、といったことを系統的にきちんと学ぶことって案外少ないです。

私、30年近くピアノを弾いてきましたけど、ペダルは下手なんですね・・・(;´∀`)
先生のレッスンを受けると、必ずと言っていいほどペダリングを注意されます。

ショパンが好き、ショパンが得意~なんて言っておきながら、ペダルが下手って・・・
もはや致命傷なんですけど・・・(^^;)笑

『ペダルは足で踏むものではない、耳で踏むもの。』

このようにおっしゃった堀江先生の言葉が心に残りました。

美しい音色を求めて。
魅力的な音作りを追求して。

とにかく自分の出した音を耳でよく聴いて、音作りをしていくことの重要性を再認識いたしました。

現代のほとんどのピアノには、ペダルが3本ついています。
それぞれのペダルの役割や、バロックから近現代に至るまでのペダルの歴史等、いろいろと勉強してきました。

バッハの時代のピアノ(厳密にはピアノじゃなく、オルガンだけど。)には、ペダルはなく、モーツァルトの時代には3本、ベートーヴェンの時代には5本もペダルがあったり、その後2本になったり、1900年代に入ってから今の形態が定着してきたのだとか。

そう考えると、バッハを演奏する時とベートーヴェンを演奏する時では、明らかに表現に違いをつけて演奏する必要性があるということが分かります。

自分の練習に、そして生徒たちのレッスンに、学んだことを活かしていきたいと思います。

なるべく早いうちからぺだるを取り入れたレッスンをするように、とおっしゃっておられました。
コンサートが終わったら、徐々に導入していこうかな。
生徒たちのレベルアップを図っていかなくては!!

セミナー後は、恒例のカフェランチ♪

11.9 ピアノ指導法セミナー2

エビオムライスを食べてきました!(^^)!
エビオムライスなのに、エビの少なさにちょっとガッカリ・・・笑

11.9 ピアノ指導法セミナー1

でも、黒豆茶、美味しかったわ(笑)

今週末に教室のピアノコンサートを控え、生徒たちの本番前ラストのレッスンが続いている今週。
みんな、良い仕上がりです(*^▽^*)

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

茉緒ちゃん(年長)のピティナ・ピアノステップを振り返って♪

2015-11-10

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

先週、常盤木学園で行なわれたピティナ・ピアノステップ仙台11月地区からもう今日で1週間が経ったんですね。
早いな~(;´∀`)

今日は、茉緒ちゃん(年長)のステップを振り返っていこうと思います。

ピティナ・ピアノステップ仙台11月地区 m1

茉緒ちゃんは、ステップ2回目♪♪
ピアノは今年の2月に始めたばかりですので、ピアノ歴にして数ヶ月。
この数ヶ月の間に、2度もステージで演奏経験をしました。
今週末には、レーヴ・ジュール音楽院のピアノコンサートも控えてるしね。
人前でピアノを弾くことをたくさん経験すればするほど、上達していきますね。

演奏ももちろん頑張りましたが、茉緒ちゃん、ステップに参加したお友達に“ステップ・コミュニケーション”を書いてくれました。

ステップ・コミュニケーションとは、参加者同士のコミュニケーションを図るために用意されているお手紙用紙のこと。
指導者から生徒へ、お友達やアドバイザーの先生へ、ご家族から参加者へ、そして他のお教室のお友達へ、ピアノを聴いてよかった、感動したなど、メッセージを書いて贈ることができます。
メッセージを書いて受付にあるポストに入れると、相手に届くというシステム。

茉緒ちゃん、同じ教室のお友達3人(Mちゃん、Yちゃん、眞子ちゃん)の演奏を聴いて、彼女たちにお手紙を書いてくれました。

その後、お手紙をもらったYちゃん(年中)が、茉緒ちゃんにお返事を書いて渡していましたよ!(^^)!
教室内で、こういう心温まるやり取りが見れると、なんだかほっこりします(*´▽`*)

茉緒ちゃん親子が答えてくれたアンケートをご紹介します。

ピティナ・ピアノステップ仙台11月地区 アンケートm1

1.演奏した曲に自分で点数をつけてみよう!
はりねずみ 32点

2.どんなことに気をつけて演奏しましたか?
ちいさいところ

3.他のお友達の演奏は静かに聴けましたか?弾いてみたい曲はありましたか?
ききました。たくさんのきょくお(を)ひきたいです。

4.ピティナ・ピアノステップに参加してどうでしたか?
とてもきんちょうしたし、みんなのはくしゅがとてもたのしか(っ)たよ

5.これからピティナ・ピアノステップに参加する教室の仲間にメッセージをお願いします。
たのし(い)よ きてね♡

6.【保護者へ】お子様の演奏はいかがでしたか?気づいたことやご感想など、ご自由にお書きください。
ステージマナーは、家では恥ずかしさからか、真剣に練習できませんでしたが、本番では緊張しているせいか、久々に真剣な表情を見ることができました。茉緒は前日、緊張するーと泣いてしまいましたが、演奏終えると、楽しかった~と笑顔でした。

アドバイザーの先生方からのコメントもご紹介します。

♪ユーモアあるひびきに強弱をつけて、音にはずみをつけていました。
♪かわいらしいはりねずみのイメージでひけましたね。
♪集中してひょうげんできる力をかんじました。
♪ポンとひびいたねいろ、とってもすてきでした。
♪リズミカルにたのしくまとめていましたね。

課題としてはこのようなアドバイスをいただきました。

☆腕が伸びきっていたので、少し前にすわってみると指先のコントロールがしやすくなりますよ。

姿勢・・・(>_<)
私もいつも言っているんだけどな~(;´∀`)
まだまだ口うるさく言っていかないと!!

茉緒ちゃんの課題は集中力!!
いいものを持っているだけに惜しいところ。

今後の彼女の成長に期待しています。

今週末のピアノコンサートが終わって来月からは、妹のKちゃんがレーヴ・ジュール音楽院に入会予定。
姉妹で音楽を楽しめるように、指導していきます。
茉緒ちゃんもKちゃんのお手本にならなきゃね!!

今日まで、数回にわたって、ピティナ・ピアノステップ仙台11月地区を振り返ってきましたが、参加した4名のリトルピアニストたち、とてもステキな演奏を聴かせてくれました。

ピティナ・パスポートに由佳先生からのコメントも書いてお返ししました(*^▽^*)

ピティナ・パスポート 仙台市泉区のピアノ教室のブログ

人前でピアノを演奏すること、そのために努力を重ねること、そして何より音楽を表現することを楽しめるように、またそれぞれが次のステージに向けて頑張ってほしいと思います。

私の生徒たち、上達が早い!!
我ながら、スバラシイと思う!!(≧▽≦)

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

眞子ちゃん(小1)のピティナ・ピアノステップを振り返って♪

2015-11-08

こんにちは、レーヴ・ジュール音楽院講師の由佳です。

今日は眞子ちゃん(小1)のピティナ・ピアノステップを振り返っていこうと思います。

最近メキメキと上達してきた彼女。
先月行われた小学校の学芸会でも、ピアノ伴奏に大抜擢された眞子ちゃん。
なかなかの難しい曲を弾いておりましたよ。

眞子ちゃん親子が答えてくれたアンケートをご紹介しますね。

ピティナ・ピアノステップ仙台11月地区 アンケートm

1.演奏した曲に自分で点数をつけてみよう!
課題曲:とべ小さなみつばちよ 90点
自由曲:たのしいなかま 80点

2.どんなことに気をつけて演奏しましたか?
たのしいなかまは、スタッカートにきをつけてひいた。みつばちは、fとpをきをつけた。

3.他のお友達の演奏は静かに聴けましたか?弾いてみたい曲はありましたか?
めぬえっとをひきたいです。

4.ピティナ・ピアノステップに参加してどうでしたか?
ステージはすごくきんちょうしたけど、うまくひけてたのしかった。みんなのピアノもじょうずできいてたのしかった。

5.これからピティナ・ピアノステップに参加する教室の仲間にメッセージをお願いします。
つぎにでるおともだちは、ピアノをかんぺきにしてがんばってください。

6.【保護者へ】お子様の演奏はいかがでしたか?気づいたことやご感想など、ご自由にお書きください。
曲の表現によく気をつけて、最後まで上手に弾けていました。ただ弾くだけでなく、曲に表情がつくように弾くことが出来て、本人の練習と先生のご指導のおかげです。これからもピアノと音楽を楽しんでいってもらいたいと思います。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

眞子ちゃんをレッスンしていると、曲の細部まで神経がいっている演奏をしているんだなぁ、と感心させられることが最近多くなってきました。

というのは、生徒が曲を弾いているのを見ていると(聴いていると)、

“あ、rit.をかける位置がちょっと違う!”とか、
“強弱が逆!”とか、
“強弱があんまり際立たなかった!”とか、

いろいろと気づくことがあって、演奏後、そこを指摘しようと思いながら私も聴いているのですよ。
(あ、もちろん褒める部分も見つけて褒めていますよ(笑)でも大部分は、直しが必要な箇所に注目してそこをレッスンするのが仕事だからね。生徒の間違いを指摘するのが仕事だから・・・しょうがない・・(;´∀`)笑)

すると、弾き終わった直後、私に指摘される前に自分で言ってくれるのよ、眞子ちゃんって。

ということは、自分で分かっている証拠。
よく考えながら演奏できている証拠。

『おぉ♪眞子ちゃん、自分で気がついているのね。ならいいよ(^^♪』と、レッスンで会話することが多い。

しかも、“あ・・・やっちゃった・・”と心の中で思っても、音楽が止まることなく、きちんと最後まで弾き切ることができるんです、彼女。

それって、とっても大事なことで、ピアノを弾く上で、大いに評価できる部分だと思います。

アドバイザーの先生方からのコメントもご紹介します。

♪音色の変化もつけ、手首もじゅうなんに、のびやかな音をつくることができました。
♪たのしくピアノをひいているのがつたわりましたよ。
♪右手のスケールや、はずみ、とてもよかったです。
♪とても元気よく、楽しそうにまとめていましたね。
♪f、p、rit.、とても自然につけられていましたね。

課題としては、こんなアドバイスをいただきました。

☆ほんの少し、左が重たく感じたので気をつけてね。
☆ひくまえのじゅんびと、こきゅうをたいせつにはじめてね。
☆左手は横のながれを感じて、5の指が重たくならないよう進んでいくイメージでね。
☆レ・ミ・ドのところは、指をはずませながらもディミヌエンドの表情をつけられるよ。コントロール、さらに目指してみましょうね。

いただいたアドバイスをもとに、《楽しい仲間》のディミヌエンドの表情づけに挑戦した眞子ちゃん。

昨日の午前中のレッスンで、ある程度までは習得でき、午後の弾き合い会の時にはバッチリ自分のものにしていて、由佳先生納得の演奏でした。

ホント、このところメキメキと力をつけてきているので、今後の彼女の成長が楽しみです。

今週末のピアノコンサート後は、バッハの《メヌエット ト長調》を弾きたいそうです。
楽譜もないのに、右手、耳コピで音を探りながら弾いていたようです。でも、ハ長調でしたけど(笑)
あと、BELIEVEも弾きたいと言っていました。

レーヴ・ジュール音楽院の仲間の良い刺激を受けて、そして、ピティナ・ピアノステップでいろいろなお教室のお友達の演奏を見聞きして、眞子ちゃんの中に、良い循環が生まれています。

ピティナ・ピアノステップ仙台11月地区 m

合格証書と、ノーミス練習の記録が残されたピアノノートと一緒に写真に収まる眞子ちゃんは、今回のステージ経験を通してもさらにまた成長しました!!

今週末の教室のピアノコンサートもとっても楽しみ!!

 

レーヴ・ジュール音楽院・・・仙台市泉区・北中山のピアノ教室

お問い合わせ TEL:022-379-6130

 

Copyright© 2012-2018 レーヴ・ジュール音楽院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com